ピックアップ記事

新羅のその後

2016/08/06

1/1
Please reload

人気記事

2020/05/25

Please reload

日付アーカイブ
Please reload

タグで探す

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ブログ

2017/04/30

家の柿の木に、富貴蘭とセッコクを着生させました。毎年花が咲いています。その中の、ピンク色のセッコクです。まだ、採取の規制がかかる前の古い時代の佐賀県、黒髪山のセッコクです。花着きは、良好です。

2017/04/29

有名な「幽玄」柄物です。花は素晴らしい中透け花で、花型も良く、全体がまとまった素晴らしい花です。展示会で映えます。葉に入る柄は縞であったり、中透けであったり暴れますが、花は中透けで安定しております。2枚目は、豆黄花です。完全遮光で極黄豆花になりますが、今回は遮光が、甘かったようです。可愛い花です。毎年、花を着けてくれます。

2017/04/28

写真は「中国春蘭:大富貴」に日

本春蘭の「更紗紫花」を掛けた交配種です。花には、紫色は出現せず、まるで、「富貴の光」のような花です。大富貴は花型が良く、大型種ですので、よく交配に使用されます。

二枚目の写真は、小輪花の鷹の爪です。写真では、よくわかりませんが、葉先に鷹の爪が入っています。花には、その柄はでません。花は中国春蘭の「翠蓋」によく似ており、もしかしたら、翠蓋の芽変わりか、翠蓋交配かもしれません「。

2017/04/27

日本春蘭の、交配種「紅麗」と虎「七里」です。

紅麗は、「華姫」に次ぐ交配紅花の逸品です。

七里は、虎葉で、花にもわずかですが、虎斑を交えます。作りやすい蘭です。

2017/04/26

交配種の「光春」「別名「光陽」です。親は忘れました。また交配もとに確認しておきます。本来は、まだ濃ゆい朱金色の花が咲くのですが、今回は、遮光キャップを外すのが遅かったようです。繁殖・花着きもよい、大変作りやすい蘭です。

2017/04/25

日本春蘭の「黄宝」です。今年は、開花が遅く、4月に咲きました。これでも初花です。

個人的には、花の淡い感じが大好きです。葉も少し黄色いです。昔は九州産、黄葉黄花と言われていました。

2017/04/24

日本春蘭の交配「山の端」×「華厳」です。

だいたい想像がつく花色、花型です。山の端は、血筋が強く交配の葉には山の端に似た柄が入り、花も同様です。よく考えれば、華厳もよく似た柄ですね!!やはり、親は超えられません。

柄が出ただけでも、良しとしましょう!!今度、「玉垂冠」を掛けてみようと思いますが、結果は変わらないでしょう。

2017/04/22

写真は、「王将」です。この花は突起弁で素心という二芸品です。花も堂々とした大輪です。三重さんと聞いております。株は、大株なんですが、

株の篠数も減りアンバランスな格好になってしまいました。