中国春蘭 (平成30年)

黄金海岸(おうごんかいがん)
蓮弁蘭の黄金海岸です。花色もよく、力が付けば、多弁の奇花となります。
昔は、高価で大変人気がありました。今でもよいものは良いですね。
剣陽蝶(けんようちょう)
蓮弁蘭蝶咲きの「剣陽蝶」です。花は、小型でとても可愛い蘭です。結構古い品種で、良く増えます。
紅胡蝶(べにこちょう)
名前は、おそらく仮名でしょう。名前に紅という字が入っていますが、花は紅色ではありません。花に、可愛い生田が入ります。品のある蘭です。
小打梅(しょうだばい)
正直、普通の中国春蘭は、あまり可愛がっていませんでした。冬以外は、外の日陰で育てていました。その中で花を咲かせた孝行ものです。早速、蘭舎の棚に入れました。
翠鈴(すいれい)
「楊氏素」と「翠蓋」との交配種です。この掛け合わせ株は、数多くありますが、その中の優秀選別品です。丸っこく、素晴らしい花です。
丹賀蝶(たんがちょう)
奇花蝶咲きの丹賀蝶です。淡いピンク更紗花に可愛い蝶咲きです。開花時期は毎年早く、我が家の中国蘭の中では最初に咲きます。
鶴裳素(かくしょうそ)
正直、普通の中国春蘭は、あまり可愛がっていませんでした。冬以外は、外の日陰で育てていました。その中で花を咲かせた孝行ものです。早速、蘭舎の棚に入れました。素心で貴重な花です。
天膨牡丹(てんぼうぼたん)
奇花です。今年の花は、株に力がなく、単純で小さな花ですが、力が付けば、迫力ある、奇花となります。
東林(とうりん)
(「宋梅」×「大富貴」)×(「楊氏素」×「翠蓋」)のF2交配種です。F2まで来ました。それぞれの良いとこどりで、いい花が咲きましたが、「宋梅」の兜は、けいしょうされておりません。
蕩山荷(とうしゃんか)
蓮弁蘭の均整の取れた素晴らしい花です。昔からの人気蘭で、私の好みとする蘭です。
飛蝶(ずべん:ひちょう)
豆弁蘭蝶咲きの「飛蝶」です。今年の花は、本咲きではありません。副弁の肩が落ちています。本来もう少し、水平に勢いよく咲きます。なかなか増えません(新木が着けばバックが枯れます)。花着きは良く、毎年開花します。今年は2花咲いてくれました。
明梅(みんばい)
朶朶香の「明梅」です。遮光で、写真のような、クリームホワイトの兜咲きの素晴らしい花が咲きます。好みの蘭です。
蓮弁蘭:紅心舌(こうしんぜつ)
蓮弁蘭の無銘です。舌は写真のように、紅一点のベタ舌です。何だか、気品がありますね。
蓮弁蘭:馬竜峰(ばりゅうほう)
蓮弁蘭の奇花素心の馬竜峰です。奇花で、白花素心という二芸品です。花着き株の繁殖は、ずば抜けて良い蘭です。
朶朶香黄花:黄河(ダダコウきはな:こうが)
朶朶香黄花の黄河です。黄色の発色がよく、遮光なしでも、写真のような黄花が咲きます。ただし、副弁開きと、花弁の肩落ちが気になります。
朶朶香黄花かの(ダダコウきはなかの)
朶朶香黄花です。エビアンさんからの余剰苗です。種類分けで、「かの」と識別してあります。発色は良好です。
朶朶香秀月(ダダコウしゅうげつ)
朶朶香黄花秀月です。エビアンさんからの余剰苗です。今年は、株に力がなく、本来発色の良い蘭ですが、花型、花色ともに、もう一つです。
朶朶香富来(ダダコウふうらい)
朶朶香富来です。エビアンさんからの余剰苗です。葉には、黄色縞が入り、花は、黄色の二芸品です。
朶朶蝶(ただちょう)
朶朶香奇花の朶朶蝶です。花型は奇花のため一定しません。朶朶香としては、珍しい奇花で、繁殖も良好です。
簪蝶(さんちょう)
正直、普通の中国春蘭は、あまり可愛がっていませんでした。冬以外は、外の日陰で育てていました。その中で花を咲かせた孝行ものです。早速、蘭舎の棚に入れました。
もっと見る