韓国春蘭 (令和4年)

笠岩(かっぱい)
笠岩(かっぱい)

大型の奇花、笠岩です。花弁周りにフリルが入ります。花弁が大きいため、開花後、花の重みで首をかしげます。

press to zoom
大極扇(たいきょくせん)
大極扇(たいきょくせん)

有名な、朱金複色花です。近年は、とても安価になり入手しやすくなりました。よく似た花に、大極門、至尊がありますが、至尊ほどあくがなく、素直なすっきりとした花です。安価になりましたが、大事に育てたい逸品です。

press to zoom
宣映(せんえい)
宣映(せんえい)

2年前、光珠園さんから、棚入れしました。写真は、花弁が狭くなっていますが、本咲すると、迫力ある、紫水彩花となります。来年の開花が楽しみです。

press to zoom
韓国黄葉黄花-Ⅰ(かんこくきばきばな-Ⅰ)
韓国黄葉黄花-Ⅰ(かんこくきばきばな-Ⅰ)

葉は、黄色です。初花ですが、花はお世辞にも良いとは言えません。来年の開花に期待です。

press to zoom
韓国黄葉黄花-Ⅱ(かんこくきばきばな-Ⅱ)
韓国黄葉黄花-Ⅱ(かんこくきばきばな-Ⅱ)

葉は、黄色です。初花ですが、花はお世辞にも良いとは言えません。来年の開花に期待です。

press to zoom
神秘(しんぴ)
神秘(しんぴ)

複色花の「神秘」です。写真の花は、花弁が細く本咲ではありませんが、本来は、大型で均整の取れた素晴らしい花です。

press to zoom
紫宴(しえん)
紫宴(しえん)

2年前、みのうらん園から、棚入れしました。蕾の時は、真っ黒で、開花とともに、紫色となります。写真は、少し緑色が入っており、紫花の遮光方法が、カギになりそうです。花軸は、まだ伸びると思います。

press to zoom
朝倉(あさくら)
朝倉(あさくら)

大型の蘭で、葉姿もよく均整のとれた蘭です。「朝倉」という名前が気に入り(私の高校母校と同じ名前です)購入しました。黄色と紺地のコントラストが良い蘭です。花も中透です。

press to zoom
世寶(せほう)
世寶(せほう)

十数年愛倍していますが、とても強固で、繁殖もよい蘭です。縞柄は、少し暴れますが、品のある蘭です。初花ですが、中透に咲きました。

press to zoom
観月の宴(かんげつのうたげ)
観月の宴(かんげつのうたげ)

昨年の新芽は、黄色中透けが強くなってしまいました。やや立葉ですが、大変作りやすい蘭です。花も、最高の中透けです。

press to zoom
湖亭(こてい)
湖亭(こてい)

韓国柄物の最高峰、「湖亭」です。数が少なく高価な蘭ですが、昨年棚入れしました。夢が一つ叶いました。葉は丸く、おたふく葉で、何とも言えない愛嬌があります。大切に育てたい逸品です。

press to zoom
日月華(じつげつか)
日月華(じつげつか)

ついに初花咲きました。日月華です。素心、花型、愛嬌ともに言うことなしです。株は強行で良く増えます。

press to zoom
至尊(チジョン)
至尊(チジョン)

花着きがよく、良く増えます。本来の花は、オレンジと緑の覆輪のコントラストがメリハリのある花です。大極扇と比較して、花弁の細いのが難点です。

press to zoom
錦山(きんざん)
錦山(きんざん)

作を落としていましたが、ようやく花が着きました。紫花濃い紫舌の良花です。

press to zoom
青宝(せいほう)
青宝(せいほう)

円弁緑花の素心蘭です。性格として、水を好むようです。今後の作上がりに期待です。

press to zoom
大勳位(だいくんい)
大勳位(だいくんい)

花は大型で、迫力があります。写真は初花で、株元で咲いてしまい、突起もあまり出ていませんが、良花です。

press to zoom
白頭山(ぺくとさん)
白頭山(ぺくとさん)

葉色の中透色は薄黄色です。もしかしたら、日本春蘭かもしれません。まだ数は少なく高価ですが、大事にしたい逸品です。

press to zoom
匠(たくみ)
匠(たくみ)

有名な匠です。韓国名は娘子(アガシ)です。紺冠の被りが最高です。匠という名は、亡くなれましたが、福岡宗像、大棚のT氏によって、付けられました。遺品になり、大切に育てたいです。

press to zoom
故宮(こきゅう)
故宮(こきゅう)

まだ小木ですが、葉は紺地が強い蘭です。黄色、紺地ともコントラストの素晴らしい蘭です。

press to zoom
八仙(はっせん)
八仙(はっせん)

これもまた、福岡県宗像のT氏の遺品です。命名は、T氏です。大型の蘭で、葉長は、20センチ以上になります。大株に作りやすく、大変迫力のある蘭です。

press to zoom
栄光(えいこう)
栄光(えいこう)

有名な栄光です。数年前までは、千葉で買い集められ、なかなか県外に出されなく高級な蘭でした。極黄中透けで、良い紺被りをしています。

press to zoom
天雅(てんが)
天雅(てんが)

今まで愛倍していました、天雅が枯れたため、昨年、夢らん舎さんから棚入れしました。まだ中小木ですので、これからの上作に努めます。

press to zoom
四天王(してんのう)
四天王(してんのう)

四天王の上木です。この蘭についてのコメントは必要ないと思います。葉くぐり、葉幅、紺かぶり、とも完成された、最強です。見ているだけでうっとりとする、存在感たっぷりの蘭です。

press to zoom
華秘境(はなひきょう)
華秘境(はなひきょう)

大型で、優雅な垂れ葉の華秘境です。ふんわりとし、女性的な葉姿です。花も最高のお気に入りの蘭です。

press to zoom
群青(ぐんじょう)
群青(ぐんじょう)

福岡宗像の大棚故T氏の品です。長崎の蘭友経由で、昨年棚入れしました。 葉は、大葉で紺被りも最高の蘭です。迫力があります。 ふんわりとし、女性的な葉姿です。

press to zoom
王道(おうどう)
王道(おうどう)

写真は、まだ中小木ですが、葉は黄と紺のコントラストが良く、上品な蘭です。葉型もふんわりとして、温かみのある蘭です。

press to zoom
神門(みかど)
神門(みかど)

韓国春蘭柄物の最高峰、神門です。柄・葉姿共に文句のつけようがありません。お気に入りの蘭です。特に極黄色の葉芸が強いです。

press to zoom
山王(さんのう)
山王(さんのう)

写真は、まだ中小木ですが、葉は黄と紺のコントラストが良く、上品な蘭です。今まで愛倍していました株が枯れたため、昨年、英晃園さんから棚入れしました。

press to zoom
大吟醸(だいぎんじょう)
大吟醸(だいぎんじょう)

福岡宗像の大棚故T氏の品です。長崎の蘭友経由で、昨年棚入れしました。 葉は、大葉で紺被りも最高の蘭です。迫力があります。

press to zoom
玉山(ぎょくざん)
玉山(ぎょくざん)

葉ぐくり、極黄の中透けに、紺地のかぶりも最高の「玉山」(別名:大八洲)です。数多い韓国中透けの中でも、一級品です。

press to zoom
源流(げんりゅう)
源流(げんりゅう)

葉は硬く、黄色と紺地のコントラストが素晴らしい蘭です。繁殖もよく、育てやすい銘花です。

press to zoom
綺羅(きら)
綺羅(きら)

葉は硬く、黄色と紺地のコントラストが素晴らしい蘭です。紺地が強く、見栄えのする蘭です。繁殖もよく、育てやすい銘品です。

press to zoom
水心子(すいしんし)
水心子(すいしんし)

有名な水心子です。大型の蘭で、上作すれば、葉幅も1センチ以上になります。たいへん作りやすい蘭です。

press to zoom
親王(しんのう)
親王(しんのう)

韓国春蘭、葉芸の親王(しんのう)です。 福岡宗像の大棚故T氏の品です。長崎の蘭友経由で、昨年棚入れしました。 葉は、大葉で紺被りも最高の蘭です。迫力があります。

press to zoom
天龍(てんりゅう)
天龍(てんりゅう)

写真は、最上木ですが、葉は紺地が強い蘭です。もう少し、黄色が入ればよいのですが。葉緑素が多いため、繁殖の良い蘭です。

press to zoom
緑王(りょくおう)
緑王(りょくおう)

昔からの品種ですが、今も人気のある「緑王」です。葉の黄色は少し薄いですが、気品のある蘭で、葉姿も素晴らしい蘭です。

press to zoom
緑彩(りょくさい)
緑彩(りょくさい)

葉は、紺地と極黄のコントラストが、素晴らしい蘭です。個人的には、好みの蘭です。品ある蘭で、今後の上作に期待したいです。

press to zoom
漢江(はんがん)
漢江(はんがん)

出芽は、緑の苔斑がかかり、成長とともに黄色が冴える珍しい蘭です。月刊「東洋蘭」を見て、どうしても入手したくなった蘭です。花は、後冴えの為、普通の緑色です。

press to zoom
冠月(かんげつ)
冠月(かんげつ)

昔から欲しかった冠月です。夢かなって昨年、みのうらん園から、前木の上木3本を入手しました。葉はふんわりとして、女性的です。総合的に、優秀な逸品です。

press to zoom
大黄河(だいこうが)
大黄河(だいこうが)

垂れ葉でふんわりととした愛嬌のある葉姿です。この蘭も、福岡県宗像のT氏の遺品で、大事に育てたい蘭です。

press to zoom