中国春蘭 (平成31年)

九華:長扇梅(きゅうか:ちょうせんばい)
数年ぶりに咲きました、九華です。九華は、二鉢だけですが、この時季異色の存在です。花弁もとに、蜜を垂らします。
朶朶香荷花チャボ(だだこうにかちゃぼ)
株は、チャボ系ではありませんが、花は小さくチャボ系です。花は小さくとても可愛い蘭です。
中国兜花(ちゅうごくかぶとばな)
品種・来歴ともに不明です。兜花で弁元にかすかに更紗を交えます。
珍しい蘭ですので、大事に育てています。
天翔鶴(てんしょうかく)
品種は不明の中国蘭です。写真の花は、終わりに近く花型が壊れていますが、本来は、花型が良い蘭です。
日月蝶(じつげつちょう)蝶
大型の新花の中国蘭です。葉はチャボ系ですが、大型の花で、生田が入ります。名前は、私が付けしました。
紅竜字(べにりゅうじ)
昔からの銘品です。弁元に赤ピンク色が入ります。昔の蘭ですが、良いものは良いと、大切にしたい蘭です。
白麗(はくれい)
蓮弁蘭白花です。エビアンさんの命名品です。遮光をしていないため、色が着いていますが、完全遮光で純白花となる、優秀品です。
明梅(みんばい)
朶朶香の「明梅」です。遮光で、写真のような、クリームホワイトの兜咲きの素晴らしい花が咲きます。好みの蘭です。
大神龍(だいしんりゅう)
数年ぶりに咲きました。大型の突起弁です。とにかく大きく、迫力があります。
.紅紅胡蝶(べにこちょう)
名前は、おそらく仮名でしょう。名前に紅という字が入っていますが、花は紅色ではありません。花に、可愛い生田が入ります。品のある蘭です。
黄金海岸(おうごんかいがん)
蓮弁蘭の黄金海岸です。花色もよく、力が付けば、多弁の奇花となります。
昔は、高価で大変人気がありました。今でもよいものは良いですね。
蓮弁紅心舌(れんべんこうしんぜつ)
蓮弁蘭の無銘です。舌は写真のように、紅一点のベタ舌です。何だか、気品がありますね。
蕩山荷(とうしゃんか)
蓮弁蘭の均整の取れた素晴らしい花です。昔からの人気蘭で、私の好みとする蘭です。
馬竜峰(ばりゅうほう)
蓮弁蘭の奇花素心の馬竜峰です。奇花で、白花素心という二芸品です。花着き株の繁殖は、ずば抜けて良い蘭です。
吉祥胡蝶(きっしょうこちょう)
豆弁蘭蝶咲の「吉祥胡蝶」です。豆弁蝶咲としては有名な「飛蝶」がありますが、この花もクラスが高い花です。
円心梅(えんしんばい)
中国春蘭「宋梅×大富貴」のF1傑作品です。今年の花は、花型がよくなく、本来の花ではありません。現在は、円心梅を実生親としたF2が作られています。
朶朶香富来(だだこうふうらい)
朶朶香富来です。エビアンさんからの余剰苗です。葉には、黄色縞が入り、花は、黄色の二芸品です。黄色の発色も最高です。
宋梅大富貴☓楊氏素翠蓋(そうばいだいふうき×ようしそすいがい)
(「宋梅」×「大富貴」)×(「楊氏素」×「翠蓋」)のF2交配種です。「宋梅」の兜弁が、継承されております、貴重な蘭です。
東林(とうりん)
(「宋梅」×「大富貴」)×(「楊氏素」×「翠蓋」)のF2交配種です。F2まで来ました。それぞれの良いとこどりで、いい花が咲きましたが、「宋梅」の兜は、継承されておりません。
朶朶香黄花2(だだこうきばな2)
朶朶香黄花です。エビアンさんからの余剰苗です。種類分けで、「き2」と識別してあります。花型・発色は良好です。
朶朶香縞(だだこうしま)
葉には、不規則な黄色縞が入ります。柄は一定しておらず、暴れます。花は、縞柄は入りませんが、黄色に弁元ピンク色で染まります。今年は、6輪も花を着けてくれました。なんとなく色気のある花です。
天膨牡丹(てんぼうぼたん)
今年の花は、花先が虫に噛まれ格好悪いですが、優秀なピンク奇花です。
朶朶香:秀月(しゅうげつ)
朶朶香黄花です「秀月」です。昔からの銘品で、花の肩が少し落ちますが、黄花の銘品です。私の名前の一文字と同じですので、お気に入りです。
朶朶香大金華(だいきんか)
朶朶香黄花です。エビアンさんからの余剰苗です。今年は、残念ながら、落肩で咲いていますが、本来は、花型の良い黄花です。発色は最高です。
奥地の蘭:豆弁蘭:金馬黄(きんばこう)
発色の良い黄色豆弁蘭です。花型・発色ともに最高の蘭です。
雪蘭白蛇皮(せつらんしろじゃび)
雪蘭の葉が、白蛇柄の珍しい柄です。残念ながら、花には白蛇柄は入りませんが、葉柄だけでも楽しめます。
朶朶香桃玉荷(だだこうとうぎょうくか)
朶朶香桃色花です。大型の花型の良い花です。大分のS氏から譲りうけなした。大事にしたい逸品です。
朶朶香黄花1(だだこうきばな1)
朶朶香黄花です。エビアンさんからの余剰苗です。種類分けで、「き1」と識別してあります。発色は良好です。
もっと見る